西大峰教雲山板馬見山 行者コース

板馬見山保存会

飛鳥時代(592~710年)に修験道の祖、役の小角(えんのおずの)が大和よりこの山中に移り住み、行場を開いたと伝わる板馬見山。

(奈良県)大峰山とそっくりの行場が数十カ所あり、西の大峰山と伝わるまでになったとの話に、新緑まばゆい5月「板馬見山保存会」主催の山開き登山、行者コースに同行した。

PDF西大峰教雲山板馬見山について

1:出発! 松の木公園

  • 棟山(黒土側)から見た 板馬見山
  • 松ノ木公園
  • 松ノ木公園
般若心経を唱える

後山 = 板馬見山 = 寺谷山

国土地図に記された名では「後山」、 とあるが
登山口となる河呂地区では「板馬見山」 (いたばみやま)
山頂直下の西河内地区では「寺谷山」 の名で親しまれてきた。

1344.6メートル。氷ノ山、三室山に続く兵庫県下第三位の高峰である。

コース図


松の木公園から山頂まで高低差 1,000メートル、5,700メートルの道のり、登山口までの約3kmは簡易舗装の道を車で上がる事ができるが、登山口までにも行場があり石仏がまつられている。 修験者たちは行く先々で般若心経を唱え、教雲山の頂までを修行の場としてきた。

  • 出発 8:05
  • 不動明王堂
  • 鉈取淵(なたとりぶち)

鳥居をくぐるとすぐに「迎え行者」がまつられている、その先の不動明王堂で一同拝し、般若心経を唱える。近くには “鉈取淵(なたとりぶち)” 伝説の場所と言い伝えられる淵がある。

  • 不動明王
  • なめらの行者
  • なめらの行者像

笛石山登山口を過ぎ、道の傍らにまつられた不動明王、さらに「なめらの行者」から川を渡り、板馬見渓谷荘と回って登山道へと向かった。

  • 渓谷荘へ
  • 渓谷荘 不動明王像
  • 登山口 9:05
出発 8:05
迎え行者
不動明王堂
霊浄水
登山基地
鉈取淵(なたとりぶち)
笛石山登山口
不動明王
不動明王像
なめらの行者
なめらの行者像
渓谷荘へ
板馬見渓谷荘
渓谷荘 不動明王像 梅芳作
登山道口
登山道口 9:05
  • 迎え行者
  • 不動明王堂
  • 霊浄水
  • 登山基地
  • 鉈取淵
  • 笛石山登山口
  • 不動明王
  • なめらの行者
  • 板馬見渓谷荘
  • 登山口(駐車可)
 

鉈取淵(なたとりぶち)

昔、村内有数の豪農の某家に心優しい娘がいた。娘は継母によく仕えたが、継母は事毎に辛く当った。ある日、娘が西河内川との合流点の淵の上の林に柴刈りに行き、ひと休みしようと腰をおろし、鉈を側に置くと、鉈はスルスルッとすべり、吸われるように淵に沈んだ。娘は思案にくれて帰宅すると、継母は「娘が仕事をいとうて鉈を捨てた」と誤解し口ぎたなくしかって追放した。娘は当てもなくさまよい、ついにこの淵に沈んだ。その後、この淵の周辺で鉈を手離すと、鉈は生物のように淵にすべり込み、やがて「鉈をかえせ、鉈をかえしてくれ」と訴え、次に「違う、違う、これではない」と泣き叫ぶ声が聞こえるといい伝えられ、今も、ここでは鉈を手離すことを禁じている。

西播奥地民俗資料緊急調査報告「千種」

ページの先頭へ